創作活動の危機管理

創作活動で危機管理と言えば『人を見る目』

創作の現場は就活という選別を経ていない人材が多いので、極端な人が少なくない。
意味不明で不必要なハイスペックスキル持ちから、無能を超えて損害にしかならない人材まで。
ネタになるキャラクターが豊富と笑ってもいられない。まぁ、最後は笑うしか無いのだけどw

無能は悪いことではない。仕事は難しいが友達として付き合う分にはよくも悪くもない。力ないゆえの苦労話など創作のネタにもなる。
が、一緒にいるだけで損害となる人というのはシャレにならない。損害人材は積極的な人間が多いので、向こうから歩いてやってくる。

その典型が、”使えない”Web出版事業会社の社長。時間とヤル気を膨大に吸い取られる恐怖の存在。
相手は小さな会社なので社長と話す機会も多い。
使えない社長の典型は昨今話題のどこのぞの大学の運動部監督と同じで謝ることで自分の立場を弱くすることを極端に嫌う人間。

当人の能力ではなく、コネなどを駆使した脆い状況で社長になったような人。その手のタイプが創作の現場に口を出すと破綻する。

なんせ謝るという初歩的な危機管理ができてないから、破綻し始めるまで対策を開始せず損害要素が飛び火しまくる。

社長という立場を思い違いし、外部事業者であるこっちにも上から目線で接してしまう痛い要素がその特徴なので、見抜くのは難しくはない気もする。
つでいに会社全体として編集者という肩書も思い違いする傾向も強いことも観察点。
アニメ化の可能性もある大手出版社ならば横暴も許されるが、吹けば飛ぶような小さな会社の編集者が横暴な態度をとったらただのバカ。

是非ともバカにはお気を・・・

 

そうそう・・・自分は中高とほとんど勉強もせず専門学校に行ったけど高校で模試は受けていたし、進路希望にも適当な大学名を書いてもいた。
ちょっと失礼な物言いになってしまうけど、第一志望に落ちると最近話題の大学に行っていた可能性がある。
というか勉強していなかったからこそ行っていた可能性がかなり高いので、なんとなく他人事ではない感じもあったりする。
あと芸術学部があるから知人にも出身者は少なくないし・・・

5/5 コミティア!ティアの感想と物語のキーワード「X」

昨日のCOMITIAお疲れ様でした。
暑い中、スペースまでお越しいただきありがとうございました。
5月のGWころの暑さは、寒い季節から一気に暑くなる時期なので気温以上に熱く感じますね。

で、、今回は本当に新刊出したかったなぁ…と、、、

ふと話していて…前回の作品。何を描いたかが微妙に頭から飛んでいる。
冬の本のあと物語をこねくり回しすぎていて1冊前のストーリーが、10話以上前ぐらいの感覚になっていました。

新刊を出せなかった反省の一つは、物語をバージョンアップ改良しすぎてる。

ということで、昨日は絶対にネタを拾って帰らないと物語のことを一切を脳内から排除すると近い部屋のドアを開けて出陣しました。
これがなかなか難しい。イベントでなにか刺激を受けるどころか、電車から見える風景ですら舞台にしてみようかなと物語をこねくり回し始めてしまう。
これを考えないようするときは、部屋で大増殖をしている観葉植物の優先日当たり場所割当をどうしようかなど考えて脳みそを騙すことにしてます。

物語を一箇所変えると、ぶっちゃけ1日飛ぶことがあるので危険。。
去年なんぞバージョンアップに時間を食われて終わった気がする。
ただ、時間を浪費して必要な”モノ”はゲットできたと思う。

物語を作る理想は、物語を考えるとに一つの単語、例えば「X」だけを考えながら普段の作画や日常生活ができれば変なループや無意味なバージョンアップ作業を回避できる。
脳内でキャラクターたちがXについて思い悩んでいれば、それが物語の芯になるし、脳内の物語構造のシンプルになりとても楽。
物語を複雑にして、自分で書いた文章を確認しながら作るというのは、それが当たり前のようにも思うのですがもしかすると破綻しているパターンの典型かもしれない。

ということで、今年の冬の終わりか春の頭ぐらいか…春の新刊が犠牲になって物語の核となるキーワード。一単語は算出できた…と、思う。

あとは、よけいな事を考えないように適当なオモチャも用意完了。
何となく気分が変わってしまう、yahooニュースと痛いニュースのサイトをセキュリティーソフトでブロック。
一部のニュースサイトはChromeの拡張機能でブロック。

これで夏に向けて走れるだろうか・・・

ちなみに部屋の観葉植物は弱い植物たちが枯れ果て、丈夫な種類だけが残っているので繁殖率はかなり高い。

COMITIA123!後記・・・

2月11日のコミティア。お疲れ様でした。
スペースまで足をお運びいただき、ありがとうございました。

当日は西館の上下に分かれていて「火葬屋」は西1。下の階の1ホールで展開されている会場に配置。

最近は、バスの時刻表が変わりビックサイト到着がサークル入場開始の9時ちょうど以外の時間を選べなくなっているので早めに設営を終えて開場前に敵情視察…ではなくご近所を探索。1ホールぐらいだと開場前に色々見て回るのにちょうど良かったです。

そうそう、一人サークルで最初からお出かけを諦めていたので知人サークルさんにご挨拶という発想にたどり着いたのは閉会後・・・まぁ、でも、かなり歩き回って誰とも合わなかったのでご近所に知人さんはいなかったような気がする。

美術モード

冬コミ以降は背景美術を中心の創作をしていたので、アニメ職種で言うところの「美術」に近い要素の世界観や服装を重視しているサークルさんの見て回っていました。

結局のところ、結論は似てくるなと思いつつ、いろいろ勉強させていただきました。
イラスト屋さんなどを観て、この世界観で漫画を読みたいな…と、思ったようなものが自分が描くべき作品なのだろうな~とか思ったり。
奴隷商人の世界にも「制服」、実質的には奴隷服になりそうですが…そんなものがあってもいいなと思ったり。

ということで、イベント後は当日にメモしたものをまとめ、必要だと感じたものをガツガツ作る…
制服の基本的なデザインを終えて。制服に貼り付けるワッペンであり、背景美術に色気を出すロゴなどを作ったりしました。
ココらへん、ちゃんとフリーのフォントで作っておきます。何かあ

ったら大変なので…

まぁ、作ってはみたものの全部を使うこともないのかもしれないですが、こういった中二病的な要素こそが作品の色気になる気もするので捨てずに出していこうと思います。

なお、より中二病を悪化させて英語ではない言語をつかってみたり・・・

最近は、実際の作画で大変にならないように小さく描く場合にも描きやすいデザインを心がけています。

 

WordPress

会場で少し話すことがあるWordpressで作っているMyデータベース。
機能的に欲しいものはほぼ作れたと思う。
phpプログラミングも、プログラミングの勉強から初めて設計思想なんぞまったくなかったものをオブジェクト指向とかクラスとかそういったphpの基本を踏襲して、メンテナンス対応力の高いプログラミングにしたあたりで手がかからなくなって来ました。
最近は、負荷がかかるのでつまらないことを自動化しないようにしてます。
このホームページに機能を移植して遊ぼうかなとも思ったのですが…思った以上に大事になってチェックが大変そうなので、時間があるときに…

array!

WordPress関連の近況…

タイトル検索

WordPressで、できることととできないこと。

WordPressは全文検索してヒットしたものをリストにすることは難しくないのだけど、タイトルだけ検索というのが基本機能に備わっていないっぽい。(たぶん)
…できなくはないが素人には難しい。

でも、やっと……
少しだけ頭を柔らかくすれば簡単で、全文検索して出てきたリストのタイトルだけを再検索。
array操作と言うものをググってなんとか実装完了。

ついでに、除外検索も正規表現を使って追加。これでリストアップ作業が少し楽になる。(^^)

phpのバージョン

愛用しているInstantWordpressは古い。

…が、比較的に評価が高い。この傾向はビギナーが導入しやすいパターンであることも多々。

でも古いものは古い。
特にphpのバージョンが5.3という部分にネックがある。Wordpressのplug-inも5.4以上のものが少なからず存在している。

そしてプログラミングをいじりはじめてそろそろ1年ぐらいだろうか…phpのプログラミミング的にも5.3がちょっと窮屈になってきた。ググった参考資料が5.4以上だと対応が面倒。

ということでバージョンアップ。
phpバージョン7が使える、サーバー一括ソフトのXAMPPへの移行
…がセオリーなのだけど…

自前のBackupシステムに組み込まれている問題。
あとは今後の運用知識を得るための…

「ただの好奇心」

から、InstantWordpressのphpだけのバージョンのアップデートを試みることに。

で、ググると…

Instant WordPress PHPのバージョンアップ方法。


ありがとう!!金沢の業者さん!!

なお、新しいphpが使えるXAMPPは5分で乗り換えられるバックアップ環境として仮運用中。バックアップシステムがあると心強い!

ちなみに、InstantWordpressのサーバーソフトであるApacheはバージョン2.2。2005年にアップデートされ安定重視で2017年まで継続運用されていたものらしいがphpのバージョンは5.4が限界っぽい。
まぁ、次の限界が来たら乗り換えればいいのでとりあえずは古くても安定している環境で創作活動を継続。

好奇心こそ知識の源泉とは言うけど、こうやって少しつづITスキルを磨き中です。
プログラマー系のキャラクターを描くための知識を習得中~ということを大義名分として…(^_^;)

金にまつわる、出版社、漫画家、アシスタント…

漫画家とアシスタント、出版社と漫画家という金にまつわることで思う事はやはり多々ある…

炎上

某漫画家さんがアシスタントの残業代請求問題に首を突っ込んで炎上してた…
「そもそも漫画家なんてまともな仕事じゃないんだから嫌なら就職しなさい」 とツイッターで呟いたらしいが、そんなことを言えば…

「実力の世界で生きたいなら、まずは日本から出て行けよ」、とか、
「そもそも漫画家なんてまともな仕事じゃないんだから、アシに残業代払いたくないなら漫画家辞めなさい」
と言われるのがオチ。日本では労働者には法律で定められた賃金を払わなくてはいけないので、本当に実力の世界で生きたいなら、まずは日本国憲法が及ばない地域で生活することですかね。

漫画業界にいる自分たちを特別して悦に浸るのは好きにすればいいと思うが、人様に迷惑はかけない様に気をつけよう…

残業代回避方法

個人で調べた範囲内だと、アシに残業代を払わなくても良いパターンってのもありそう。
とりあえず下請け契約なら残業代は発生しない。ただし職場に拘束は出来ない。背景の著作権問題が発生する。などなど問題も多々。

ちなみに、子弟制度、門下制度というのは現行の法律では否定されているっぽい。

業界

あと、傾きつつある業界としての漫画業界と出版業界をごっちゃにしない方がいい。
出版社の力は、全国に展開している本屋の本棚の数。本屋の数が激減しつつある今、なんとか食うには困らないという意味合いでの金でごまかせていた法律的な問題が顕わになってくるのかも。

そろそろ、古いメディア企業が都心の一等地にでかいビルを維持出来る最後の時代かな・・・